脊柱管狭窄症について

 

「腰が痛い」「なんだか足がしびれる」などといった症状で悩んでいませんか?

その症状、ひょっとしたら脊柱管狭窄症かもしれません。

これらの症状がひどくなってくると、長時間立っていられなくなったり歩くのが辛くなったりと、日常生活に大きな支障をもたらす可能性があります。

さらに進行すると、痛みだけでなく足に力が入らなくなったり、残尿感や尿漏れなどに繋がることもあるのです。

整体でマッサージしてもらうと症状が和らぐかもしれませんが、それは一時的なものであって、多くの場合は数日経つとまた痛みやしびれが出てきます。

なぜなら、根本的に改善できていないからです。

東大阪市河内小阪にある当院では、脊柱管狭窄症に対する施術を行っており、腰や足の痛み・しびれの原因を根本的に改善します。

「もう歳だからしょうがない」と諦めるのはまだ早いです。

経験豊富な当院のスタッフに相談してみませんか?

まずは、脊柱管狭窄症とはどんな疾患なのか詳しく見ていきましょう。

 

こんなお悩みはありませんか?

  • 腰に張り感や違和感、痛みがある
  • 下肢(太ももから下)がしびれる
  • 長時間歩くと腰や足が痛くなるが、少し休むと問題なく歩けるようになる
  • 長時間立っていると足の痛みやしびれがひどくなる
  • 下肢の力が入りにくい
  • 尿漏れ、頻尿、便秘、残尿感が気になる

 

このようなお悩みを当院で改善します!

 

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管狭窄症は、老化や労働、病気によって起こりますが、実は老化(退行性変性)が、脊柱管狭窄症の原因のほとんどを占めています。

脊柱管狭窄症とは、「脊柱管」という神経の通り道が狭くなることを言い、神経が圧迫されることで下肢にしびれが出てくるのです。

年齢を重ねるにつれて脊柱管の後ろにある「黄色靭帯」が厚くなるのに加え、背骨は変形・肥厚します。そして椎間板が正常な位置を保てなくなり、前後に飛び出します。

これらの要因が合わさることによって、脊柱管狭窄症が起こるのです。

他にも労働や日常生活の姿勢が原因となることもあります。

普段から姿勢が悪かったり無理な体勢をすることが多いと、背骨にかかる負担が大きくなり脊柱管狭窄症へと繋がるのです。

また脊柱管狭窄症の典型的な症状として、長時間歩くと痛みやしびれがひどくなり、少し休憩すると問題なく歩けるようになる「間欠性跛行」があります。

これは、背骨を真っ直ぐまたは後ろに反らすと脊柱管が狭くなるので神経が圧迫されて痛みやしびれが出現、反対に前かがみになって休むと脊柱管が広がるので症状が和らぐという仕組みです。

 

なぜ脊柱管狭窄症が改善しないのか?

整体でマッサージをしてもらうと痛みがなくなり、脊柱管狭窄症が治ったと思う方が多くいます。

たしかに一時的には痛みやしびれがなくなるかもしれませんが、腰や足をマッサージするだけでは脊柱管狭窄症は改善しません。

脊柱管狭窄症を改善するには根本的な原因を特定し、施術する必要があります。

つまり、姿勢の悪さが原因で起こっているのであれば、姿勢改善をしなければ脊柱管狭窄症は改善しないということです。

また、長い期間痛みやしびれを我慢して放っておくと、脊柱管はどんどん狭くなり、椎間板の変形も大きくなります。

そうすると、その分施術の期間も長くなり症状の改善にも時間がかかります。

早めに対処しないと手術しなければ治らないということもあり得るので、少しでも気になる症状がある場合は、早めに相談・施術しましょう。

 

当院があなたをツラい脊柱管狭窄症から解放します!

sangokotsuban

東大阪市河内小阪にある当院では、国家資格をもった院長が1人1人の症状に合わせた施術を行っています。

「整骨院や整体に通ったことがなくて不安・・・」という方でも大丈夫!

まずはしっかりカウンセリングを行い、症状の原因を明確にします。そして、なぜこのような症状が出ているのか、どんな施術をしていくかといった説明をしっかり行ってから施術に入るので初めてでも安心です。

さらに、施術して終わりではなく日常生活で気をつけることや簡単にできるストレッチなどのアドバイスも行い、つらい症状から早く解放できるよう徹底的にサポートします。

整体に通っても改善しなかった症状もお任せください!

腰や足の痛み・しびれで悩んでいる方は、東大阪市河内小阪にある当院へお気軽にご相談ください。