四十肩・五十肩について

ちょっと肩を動かすと痛みが出る、肩が上がらない、後ろに手が回せない、これが四十肩・五十肩の典型的な症状です。

よく肩こりと勘違いして放置してしまう方もいますが、四十肩・五十肩と肩こりは全く別物です。

肩こりは筋肉の緊張が原因で起こり、四十肩・五十肩は肩関節の周りにある腱板や関節包の炎症が原因で起こります。

よって、対処の方法も違うので、正しい処置をしなければ余計に症状を悪化させてしまう恐れがあるのです。

さらに、放っておく期間が長ければ長いほど症状の改善にはかなりの時間がかかります。

東大阪市の河内小阪にある当院では、四十肩・五十肩の施術も行っています。

肩の痛みで悩んでいる方、その痛み当院で改善しませんか?

 

こんなお悩みはありませんか?

  • 肩が動かすと痛い
  • 後ろに手が回らない
  • 夜痛みが増す。
  • 手が上がりにくい
  • 肩や腕に違和感があり、感覚が鈍いと感じる
  • 肩がうずくように痛い

このようなお悩みを当院で改善します!

 

四十肩・五十肩の原因

四十肩、五十肩は別名肩関節周囲炎とも言い、40代・50代の人に好発するのでそのような名前で呼ばれています。

肩関節は、体のあらゆる関節の中で最も動く範囲の広い関節であり、このことによりいろいろな障害が出やすい関節でもあります。

一般的に関節は2個以上の(たいがいは2個だが)骨から成り立っていて、一方は凸で他方は凹で出来ているこの凹と凸がうまく合っているから、関節はスムーズに動くのです。

肩の場合は上腕骨が凸で、それを受ける肩甲骨側の関節窩が凹になっています。

上腕骨の凸に対して、肩甲骨側の凹がとても小さいのが肩関節の特徴です。

そのため動かすときの自由度は体内関節の中でも最大になりますが、反面ズレやすいという欠点も持っています。

四十肩・五十肩は関節内に石灰が沈着して動きを制限されて、痛みが出ます。

症状が軽度の場合は運動療法を中心としたリハビリを行いますが、重症な方は病院にて注射にて石灰をとる治療が行われます。

 

なぜ四十肩・五十肩が改善しないのか?

四十肩・五十肩を経験したことがある方ならわかるかもしれませんが、なかなか治りにくい症状で、何ヶ月かすると急に痛みもなくなり動くという経験があるかもしれません。

なぜ治りにくいかというと、まず動かすと痛い、だから動かさないという患者さんが多いですが、肩を動かさないことによりさらに石灰が関節に沈着し、症状を悪化させているからです。

四十肩・五十肩に関しては、女性に多くみられる疾患で、一過性の場合が多く数か月経つとと快方に向かう方がほとんどです。

ただし、再発する可能性も非常に高いのも特徴です。

なぜ数か月経つと痛みが改善するのか、それは四十肩・五十肩が3つの期間に分かれているからです。

その3つの期間とは、①痛みが強い「急性期」、②痛みよりも肩の動かしにくさが強い「慢性期」、③痛みがなくなる「回復期」です。

この時期によって行う処置は変わり、適切な処置ができていないと症状が悪化したり再発しやすく可能性もあります。

 

当院があなたをツラい四十肩・五十肩から解放します!

四十肩・五十肩は、症状に合った治療が大切になります。

当院では最初にしっかり問診・触診をし、適切な治療メニューをご提案するので、初めて整骨院に通う方でも安心してお越しください。

そして当院では、明らかな原因なしに発症するものは、肩関節だけではなくて、骨盤や背骨の歪みにも注目します。

姿勢全体を矯正することによって、肩関節にかかる負担を無くし、根本的に改善することが可能です。

また、日常生活でのアドバイスや自宅で簡単にできるケアの仕方なども一緒にさせていただきます。

「四十肩・五十肩かどうかわからないけど肩が痛い」という方でもお気軽にご相談ください。

東大阪市の河内小阪にある当院が必ずあなたのお悩みを改善します!